はじめてのエアガン選び

基本的に、法に触れないものであれば、どんなエアガンをチョイスするかは本人の自由です。実用面を重視する方も入れば、リアルさ追及する、という方もいらっしゃいます。
しかし、これからはじめてエアガンを購入する、という方の場合、どのような基準で選べば良いのかわからないこともあるでしょう。

そこで、ここでははじめてのエアガン選びのポイントをご紹介してみたいと思います。あなたのエアガン選びのヒントになれば幸いです。

安定して使える国産メーカー品がやはり無難

まず、メーカーですが、最初のエアガン選びであればできるだけ国内メーカーのものが無難です。
日本製のエアガンであれば、当たり前ですが日本の法規に沿って作られていますので、ルールを守って使用すれば安全です。
また、基本的に故障などのトラブルが少ないだけでなく、万が一故障してしまった場合も、素早くサポートを受けることが可能です。また、交換パーツの入手も容易ですので、安心して使用できるでしょう。

国内にもさまざまなエアガンメーカーがありますが、中でも特にサバゲ好きの方の間でもっとも高い評価を受けているのは東京マルイでしょう。
品質が良いだけでなく、さまざまなモデルをラインナップしていますので、選択肢も非常に多く、国内でも最大手の一つですので、他メーカーから多くのカスタムパーツが発売されていますので、ドレスアップも容易です。

東京マルイ以外でも、特殊な機構のモデルを数多く発売しているマルゼンや、リボルバーハンドガンで有名なタナカ、そしてマニアックなエアガンを製造しているKSCなどであれば、品質に問題があることはまずありません。

専門店などへ行けば、これらの国産メーカーのものは一通りそろっていますので、チェックしてみましょう。

定番モデルであれば、さらに安心

デザインなどの好みもありますが、定番モデルをチョイスすることによって、さらに安心して使用できます。

人気のモデルの場合、使用している人がそれだけ多いですので、トラブルが発生したときなどにも、フィールドで知り合える上級者の方などからすぐにアドバイスがもらえます。

また、カスタムパーツやアクセサリなども豊富ですので、使い勝手を向上させることもできるでしょう。

そして、何よりも多くの人に選ばれている、ということはそれだけ良いものである、ということを意味します。
実際にアサルトライフルの定番であるM4やAK系のものは、どんなスタイルにも対応してくれますし、ハンドガンの定番であるM9やガバメント、グロッグ系のものは初心者にも扱いやすく、トラブルも少ないです。

また、定番モデルであれば、中級者や上級者になってからでも使い続けることができます。マニアックなモデルを使っていても、ひとつは定番モデルがいずれは欲しくなるものですので、手に入れておいて損はないでしょう。

もちろん、人とは違ったマニアックなものも魅力的ですし、中には機能性が優れているものもいくつもあります。しかし、これらに手をだすのでは、サバゲやエアガンの扱いにある程度慣れてきてからの方が良いかもしれません。

このようなポイントを押さえれば、後悔することなく、安心して使用できるエアガン選びをすることができるはずです。