TOP

まずは見た目から入る~3つのモテ男ファッションを目指せ

てっとり早く肉食系に変身したいならば、外見から入るのが一番でしょう。人は見た目が9割、という言葉もあります。ファッションを変えれば、見る者の印象も操作できるものです。しかし、「肉食系のファッション」というのも一概に「これ!」と断じることはできません。たとえば某お笑い芸人みたいな袖のないGジャンを着用すれば肉食系、というわけでもありませんよね。また、人にはそれぞれに服の似合う・似合わないがあります。
そこで下には3つの、「肉食系に見えるファッション」をご紹介しましょう。似合うタイプについても説明しますので、あなたにぴったりのコーディネートを見つけてください。

アメカジでワイルドに行け!

もっともお金をかけずに、しかも簡単なコーディネートで肉食風に見せられるのは、なんと言ってもアメカジです。アバクロ、リーバイス、ティンバーランドなどのブランドで変身することができます。靴はレッドウィングのブーツ、あるいはナイキやアディダスで固めればパーフェクト。古着屋を活用すれば、実に安価で一式そろえることができます。
よく似合うタイプは、体ががっしりとしている人。また、顔が濃い目の人です。少しくらいオーバーサイズでもカッコよく決まるので、肥満体型な人でも問題ありません。

セレブリティブランドでクールに

経済的に余裕のある方は、ドルチェ&ガッバーナやディーゼルなどのインポートブランドで、モデル風なファッションに身を包むのもいいかもしれません。特にギャル系やお姉系にモテたい人にはおすすめです。ナイトシーンにもフィットする服装と言えるでしょう。
ただし、ある程度顔がすっきりとしていて、長身でなければ似合わない、ということをお忘れなく。また、嫌味にならないように、光沢のある服は避けた方がいいでしょう。

カジュアルはレザー使いで男らしく

あまり体格にも恵まれていない、また顔もそれほどよくない…そんな草食男子のみなさんは、至って一般的なカジュアルファッションでもOK。ユニクロ、H&Mなどのブランドでも構いません。しかし、たとえばベルトやカバンなどに肉厚なレザーを使って、男らしく見せる工夫はしてくださいね。ふわふわ系のカジュアルは草食系男子の象徴のようなものですので、革製のワイルドな小物でアクセントを加える必要があります。
3つのファッションのうちから、あなたに似合いそうなタイプを選んで、さあ今から街に出ましょう。ファッションが変われば、心もまたポジティブに変化するものです。