女性からモテる男になるなら聞き上手になれ!

草食男子のデメリットは会話下手で積極性がないことです。しかし、その欠点は考え方を変えると女性からモテるテクニックに昇華することができるのです。女の人が会話に何を求めているのかを知れば、草食男子だって簡単にモテるようになります。イイ関係に持ち込むのはそれほど難しいことではないのです!

話に全くオチがない女性たち

女性は話が長い、これは世の男性がみんな持っている感想です。男に比べて女というものは話が長い上にオチもなく、正直言って聞いているのが辛いということもあるかもしれません。女性というものは取り留めのない話でも笑うことができるし、楽しめてしまうという生き物なのです。

いちいち受け応えする必要はない

話好きというのは女性の特権であり、男にはない特徴です。またもう一つ会話の特徴として「愚痴をこぼすのが好き」というのもあります。すごく深刻そうな顔をして「聞いてもらっていい?」と切り出す女性たち。しかし実際に聞いてみるとそれほど重たい話でもなく、ごく日常にありふれたちょっとした愚痴だったりするのです。しかもこちらが意見しようものならば「そんなこと言われても」「難しい話は聞きたくない」などと反論してきたりもします。
つまり、彼女らにとって大切なのは悩みの解決ではなく「愚痴をこぼすこと」なのです。いちいち受け応えをする必要はないというわけですね。

積極性がないという特性を活かす

草食男子というのは積極性がないと言われています。コミュニケーションをするにあたってこれは大きなデメリットと考えられがちですが、女性の愚痴聞きという点においては逆に大きなメリットになるのです。
女性は悩み相談と称して愚痴を聞いてほしい、吐き出したいと思っています。普通の男性ならば意見してしまったり聞く耳を持たないといった行動に出てしまいますが、草食男子にはそこまでの積極性はありません。相手の顔色を気にしますから途中で退席なんてできませんし、意見をしようにもあれこれ考えているうちに話なんて終わってしまうでしょう。
つまり愚痴っぽい女性にとって、草食男子というのは大人しく聞いてくれる最高の話し相手となってしまうわけです。

会話ネタは任せて聞き上手に徹しよう

愚痴を切り出してきた女性に対してはこちらから特別なアクションをする必要はありません。せいぜい頷きであったり、相槌であったりをするだけで構わないのです。会話ネタはあちらに任せて聞き上手に徹してしまうくらいのスタンスでいましょう。
そういった愚痴聞きポジションを確立してしまえば、あとは勝手に向こうから「話を聞いてもらっていい?」と言ってきてくれるようになります。そのうち「本当にいい人」「私にとって特別な存在」と思ってくれるようになるでしょう。そうなればあとはちょっと一押しするだけで、その女性とイイ関係に持ち込むことは簡単になります。

積極性のない草食男子にはそれにあった戦い方があります。デメリットを反対にメリットとして活かして、女性との夜を楽しんでいきましょう。