合コンで彼女をゲットしよう

合コンは数少ない「出会いの場」ですが、女性が苦手な草食系男子にとっては「苦痛の場」でしかありません。そんな彼等が合コンを楽しめるようになるためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

時間があったら合コンに参加する

今日、男女の出会いは極端に少なくなりました。仮に出会いがあっても結ばれる確率が低く、年齢を重ねるほど焦りが募ります。だからこそ出会いを求めている人達は「合コン」に参加して、自分のパートナーを見つけることに必死なのです。

草食系男子も例外ではありません。元々女性との出会いはおろか、コミュニケーション自体が少ない生活を送っている訳ですから、合コンに参加して「女性慣れ」することが大きなメリットになります。なので、時間があったら合コンに参加する習慣を付けるようにしましょう。

もちろん参加したからといって、すぐに彼女ができる訳ではありません。最初の内は合コンの雰囲気に慣れながら、「友人を作る」ことを意識するようにしてください。男女問わずたくさんの友達を作ることができれば、「合コンに誘われる」確率が上がります。合コンは出会いを探す場であるだけでなく、「繋がりを作る場」でもあるのです。

目立ち方にも様々ある

せっかく合コンに参加した訳ですから、何かしらの印象を残してから帰りたいものです。相手女性達に強い印象を与えるためには、「目立つ」ことが必要になりますが、目立ち方にも様々あるので覚えておきましょう。

例えば、「大声で喋る」、「空気を読めない」、「自慢話ばかりする」といった3つタイプがあるとして、どれも共通していることは「目立っている」ことです。もちろん良い意味ではありません。

逆に、「イケメン」、「おしぼりを配る」、「優しく接する」、これらのタイプは良い意味で目立っています。どちらも目立っていることに変わりありませんが、圧倒的に後者の方が相手女性に好印象を与えることができます。

「合コン=目立ったもの勝ち」と考えている人がいますが、決してそれが正しい訳ではありません。どうすれば自然に好印象を与えることができるのか。それを考えながら立ち回る必要があります。

お持ち帰りに成功したら

合コン後、うまくいけばお持ち帰りをすることができるでしょう。ワンナイトラブに終わる可能性もありますが、肌を合わせた以上、そのまま付き合うケースが多いのも確か。なので、合コンはベッドインの準備をしてから臨むようにしましょう。

ここで男を見せなければ、意中の女性と付き合うことは難しいです。特に気にしたいのが「下半身の持続力」で、相手を満足させることができない場合は、彼女になってくれる可能性が低くなります。身体の相性でパートナーを決める女性も非常に多いため、ここでは必ず成功させておきたいところです。

EDに悩まされている方がいたら、合コンまでに男性専門のヘルスクリニックでバイアグラを処方してもらいましょう。クリニックは仕事で忙しい人のために遅くまでやっているので、空いた時間に足を運んでみてください。

「バイアグラって危なくない?大丈夫かよ…」と思った方がいるかもしれませんが、副作用が強くて危険のではないか?というイメージは間違っています。実際には医師の指導通りに服用することで、世界中のED患者を救っている最も有名な治療薬で、高い効果と安全性を期待することができます。

この薬は精力増強剤ではないので、自力で勃起させてから効果を発揮するようになっています。服用したからといって性欲が高まる訳ではないので覚えておきましょう。最近ではリーズナブルな価格のジェネリック医薬品も登場したことから、若い世代の男性も手が出せるようになりました。ED薬を簡単に処方してもらえる専門のクリニックも増えてきていますので、偽物を掴まされる可能性のあるインターネットで海外製のED薬を通販で購入はせず、病院で処方を受けましょう。

ここで注意しなくてはいけないのが病院の選び方です。医院によっては医師が海外製のED薬を個人輸入したものを処方に回している悪質なところもあるからです。こちらの専門クリニックの注意喚起のページをよく見てから病院選びをするのが良いでしょう⇒http://www.clinic-for-men.com/attention/index.php

せっかくお持ち帰りに成功しても、ベッドの上で情けなかったら全てが台無しになってしまいます。恥ずかしい思いをしないためにも、EDの兆候がある人は、早い段階で専門医に診て貰うことを強くオススメします。