若者草食化の原因 不景気・金欠編

深刻な若者の草食化…しかし、必ずしも彼ら本人にばかり原因があるのはありません。 「不景気」という状況も、若者から恋愛の機会を奪っています。でも、「お金がない!」と嘆くばかりでなく、もっと前向きに考えてみませんか? 近年、若者が欲望を失くしつつあります。何をするのも面倒、家でじっとマンガやテレビを見ている方が楽しい…特に女性に対しては、 「関わってもお金を失うだけ」と最初から相手にしようとしません。少子高齢化が進んでいる世で、とても深刻な問題でもあります。 いわゆる「草食化」が進んでいる原因も実にさまざまで、一概にこれと断じることはできません。 もっとも、その主な理由として「不景気」が挙げられるのは間違いないでしょう。

男女関係にはお金が必須!

「ただ『好き』という気持ちがあれば愛する人を幸せにできる」

そんな考えはご都合主義のテレビドラマの中の話で、現実にはそうも行きません。 異性と交際することには、必ずお金が必要です。
たとえば、一回のデートにかかる費用を考えてみましょう。映画を見ることにも2000円近いお金がかかり、 食事をするのにも3000円は必要。これを女性の分まで負担しなければならないと考えると、 それだけもう1万円近いお金が飛んでしまいます。プレゼントなどにかかる費用も考慮すれば…若者がうんざりしてしまうのも仕方ありません。
そういう時にはちょっとしたお菓子などを用意するのも効果があります。今、巷で流行っている女性に喜ばれるお菓子にメロンパンラスク。 チョイ菓子にはこれがオススメです。日本一に輝いた「よこすか海軍カレーパン」を製造しているパン屋さんの商品らしいです。



お金が稼げない…若者の悲痛な叫び

今、若者の多くが、「自分の信念を通して就職浪人なんてバカらしい」「とにかくどこかの企業に潜り込めればそれでOK」と考えています。 なんとも消極的な思考回路ではありますが、厳しい現実に対処するためには、そんな柔軟性を持つことも大事でしょう。 ところが、幸運にも働き口を見つけられたとしても、生活していくだけのお金を稼ぐのがやっと。とても女性と遊んだりするような収入を得ることは不可能です。 年を取れば給料が上がっていくという保証もなく、ただ現状を維持するために働き続ける状態になります。

でもお金さえあれば…肉食系になれる!?

しかし、若者のすべてが恋愛の意欲を失ったわけではありません。
「女性と関わってもお金を失うだけ」という言葉の裏には、「お金さえあれば、女性とも遊びたい!」という希望が隠れています。 ただ、そこから、儲けにつながる行動を発想できていないだけです。

たとえば、「難易度の高い資格を取って新たに仕事を始める」「FXの勉強をして、株で儲ける」。
あるいは「副業を始めて地道に稼ぐ」など、収入をアップさせる方法はいくらでもあります。金欠や不景気を言い訳にせずに、今からでも何かを始めてみませんか? ただし最近は楽に稼げることを売りにして若者を騙して犯罪に巻き込み私腹を肥やすような輩による一時しのぎな悪質な仕事も存在していますので気をつけないといけません。 こちらに悪質な仕事の事例を具体的にマンガで解説しているところがありますので、よかったら覗いてみてください。
犯罪事件に巻き込まれかけた【個人輸入薬の恐怖】