TOP

男のムダ毛処理ってどこまでする?残す部位もある?

女性好みに身だしなみを整えることは、モテるためには大切なことですよね。服装や髪型にお金をかけることはとても良いことです。ところで、みなさんは体毛ってどうしていますか?服にお金をかけても、ムダ毛の処理は全くやっていない、そういう人は多いのではないでしょうか。
男なのですから、多少毛が生えていても問題はありません。しかし女性から嫌われる可能性があるとしたらよくありませんよね。体毛は剃るべきなのか、剃るならばどこなのか、眉毛はどうするべきか、などについてご説明していきます。

男は毛が生えているのが当たり前?

脱毛やムダ毛処理をする前に、「体毛を剃る必要ってあるの?」ということについて考えていきましょう。
一般的には女性に比べて男性の体毛が濃いのは当たり前。わかりやすい部分で言うと、ヒゲとか腕・足の毛は男の方がたくさん生えますよね。つまり、誰しもが「普通は男は女より毛深い」ことを理解しています。ですから、腕毛とかスネ毛とかが生えていても、女性たちはそれほど気にはしません。ですから、あまり脱毛や剃毛にこだわる必要はないのかもしれません。

男でも剃っておくと良いムダ毛部位とは?

しかし、近年は男性にも清潔感が求められるようになってきました。そのため、メンズ脱毛に訪れる人も右肩上がりで増えてきているようです。腕毛やスネ毛はもちろん、ヒゲや陰毛を脱毛するような方もいるのだとか。
ムダ毛の処理をどこまでするべきか、それは人それぞれの価値観にも関わるものですから、どこまでやっても構わないでしょう。ただ、モテるためにはどれくらい剃るべきかを知りたい!というのであれば、少しだけアドバイスしておきます。
処理しておくべき部位はズバリ、手の甲・腕・スネの3箇所です。この部分は女性の目にもつきやすく、モジャモジャ生えていると不潔感を与える可能性があります。少しでも清潔感を出したい、女性を不快にさせたくない、そう思うのであれば処理しても良いでしょう。
胸毛やヒゲについては判断がわかれるところです。というのも、この2つは「男らしさ」と関係している部位だからです。たとえば、女受けの良いイタリア人は胸毛がボーボーのイメージがありますよね。実際に生えている人が少なくありません。ヒゲも近年は「男性のオシャレ」として受け入れられている面があります。両方共、男らしさが出る部分です。なので、その2つの部位については、よほどのコンプレックスがない限りは残しておくのも一つの選択肢といえるのではないでしょうか。

ところで眉毛のカットもした方が良いの?

顔毛の処理も考えたほうが良いでしょう。特に眉毛は見た目の印象を大きく変える可能性があります。時代によって多少変わりますが、しっかりと生えていないような端っこの部分は剃ってしまったほうが良いでしょう。眉近くに産毛が生えていると、やや野暮ったく見えてしまうためです。しっかりと剃って眉の形を整えておけば、オシャレな雰囲気にすることができます。もし自分でやるのが怖い場合は、美容院や床屋でやってくれます。500円ほど上乗せすればいいだけなので、ぜひプロにカッコよい眉を作ってもらいましょう!